SCROLL TO TOP
TOP > WORKS > 音楽・その他 > もしもしにっぽんフェスティバル 2015 in TOKYO
音楽・その他

もしもしにっぽんフェスティバル 2015 in TOKYO

2015.11.06 Fri @ 東京体育館

 

ファッション、音楽、アニメ、フードなどの多彩なコンテンツが集結した「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO(通称:もしフェス)」が11月6日(金)から8日(日)の日程で、東京体育館にて開催された。3日間でのべ
25,500人が来場し、ジャンルを超えた総勢162組の出演者たちが、世界へ向けて日本のポップカルチャーを発信した。
2015年にロンドン、パリ、バンコク、サンフランシスコなど世界8都市を巡回して、いよいよ東京に凱旋した、もしフェス。日ごとに異なるコンセプトを掲げ、来場者を迎えた。
初日の11月6日(金)は、「MOSHI ANI」がテーマ。祭りをイメージした和太鼓、笛拍子で幕を開けると、八王子P、春奈るな、やなぎなぎ、May’nなどが個性豊かなサウンドを表現。新ユニットlivetune+が登場したほか、世界コスプレサミッ
トなど、アニメやVOCALOIDにまつわるステージが繰り広げられた。トリをつとめたのは、SID。新曲『漂流』を含む、切なく疾走感のある旋律を響かせ、会場を独自の色に染めた。
2日目の11月7日(土)は「MOSHI POP」と題し、ライブのほか、ファッションショーやヘアアレンジショー、オーディションを展開。武智志穂、田中里奈、青柳文子、柴田紗希、村田倫子な ど、人気モデルたちがスポットライトの中ランウェイを歩き、でんぱ組.inc、Silent Sirenをはじめとした豪華なアーティストたちがきらびやかに躍動、ステージに次々と華を咲かせる。三戸なつめの歌に続き、ラストはゴールデンボンバー が登場。日本刀を振りかざし、歌舞伎を模した演出を行うなど、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。
最終日、11月8日(日)は「MOSHI COOL」をテーマに、海外でも評価の高い日本のクラブミュージック界を代表するスターたちが競演した。Kireekが日本舞踊とのコラボでスタート。 banvoxは透明感のある音色とVJの映像美で、ホール全体
をEDMのダンサブルなノリに変貌させた。海外での人気が高いWORLD ORDERは、規律正しいダンスでオーディエンスを魅了。m-floはCrystal KayとMINAMI(CREAM)をフィーチャーし、満員になったホールの熱量を一気に上げ、CAPSULEへとバトンを渡す。ステージから放たれる音と光は心地よいシャワーとなり、きらめく中田ヤスタカワールドに人々は酔いしれた。そして大トリを飾ったのは、きゃりーぱみゅぱみゅ! カラフルな映像と虹色の光線に彩られたス
テージでヒットチューン7曲を熱唱し、3日間の祭りをフィナーレに導いた。




お名前 *
メールアドレス *
お問い合わせ内容 *